新着情報

がんばるママにメッセージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パパをイクメンに育てるとママの生活がぐっと楽になる、僕はそう思います。

そのためにはいろいろ言いたい気持ちを少しこらえてパパを育ててください。

ただ子どもと違って一度イクメン・カジダンになったパパは自分で考えてどんどん進化してゆきますよ。

 

僕から最後にママへのワンポイントアドバイス

20151006-7

【いっしょにねっと平成23年度前期子育て講座より】

(その1)これまで育児をしたことがないパパに対しては優しく、愛情を持って接してください。少しずつ教えて褒めて伸ばしてあげましょう。男性は褒められると自ら学習してどんどん吸収してゆきますよ!うまくご主人をのせて少しずつこなしてくれる家事の数を増やしてあげて下さいね。

(その2)もし子どもとの時間を作ってくれない、あまり遊んでくれないパパがいるとしたら、それは遊び方、時間の作り方がわからないから。ママがちょっと背中を押してあげることでみんなHappyになること間違いなしです!是非(おだてながら⇒ここが大事!)パパの背中を押してあげて下さいね。

(その3)ママなしで遊びに行ったことがないパパ。きっと何を準備すればよいか、どこに行けばよいか、どうやって遊べばよいかもわからないはず。そこは怒らず優しく準備をしてあげて下さい。一度できると男性は自ら学習して進んで遊びに行ってくれると思います。子どもと一緒で最初は優しく付き合ってあげて下さいね。

(その4)もしあきたイクメンネットワークの活動や遊びに興味がありましたら、強引にでもパパを連れて一度遊びにいらしてください。あとはこちらでうまく溶け込ませますのでご安心を(笑)
何度も言いますが、男性は一度壁を破るとあとは自分で考え行動するようになります。このイクメンネットワークにパパとお子さんだけで参加するようになるとその時間はママひとりでゆっくりと過ごすことができますよ!

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018年2月2日(金)鹿角市教育委員会と共育を考える会による家庭共育講座が開かれ、「イクメ...
  2. 経営者らで組織されているロータリークラブは全国各地にありますが、秋田東ロータリークラブの例会...
  3. 12月18日(月)秋田市役所にて秋田市生活総務課主催の女性活躍セミナーが行われ、合同会社あき...