新着情報

とにかく何でもやらせる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもに何かをやらせる。「やらせる」という言葉は上から目線で好きではないですが、興味のあることはできるだけなんでもできる環境を作ることが大事。だと考えます。

多分大部分の親たちは子どもたちがやりたいと言ったことはさせているでしょう。

そこで特に重要なのは「全部を教えない」「自分で考える癖をつけさせる」こと。

20151012-6

やっぱり自分で考えて結果が伴うと愛着もわいてきますからね。

親たちは経験があるのでついゴールまでの進み方を教えようとしますが、そうではない。

親たちがやるべきことは、子どもがそのゴールに向かって進む道をはずさないために環境を作ってあげること、コントロールをすることだと思います。

20151012-7

いろいろチャレンジしてるうちに自分がやりたいこと、進みたい道、好きなこと、嫌いなことがわかってくるでしょう。

それまでは「やりたい!」といったことは何でもチャレンジさせてあげたいと僕は思います。

その際「危ないからダメ」とか「それはこうやらなきゃダメだよ」などとは言わないで送り出したいですね。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 昨年もお招きいただいた大仙市の社会福祉法人にてアンガーマネジメント体験講座とイクボス式職場管...
  2. 秋田市中央市民サービスセンターで転勤奥様教室の3回目の講師としてお招きいただきました。テ...
  3. 7月27日付の河北新報(宮城県の新聞社)の『孤育てからの脱出』というコーナーに、あきたイクメ...