新着情報

大仙市でスポーツ少年団指導者研修会にてアンガーマネジメントをお話しました(12/19)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大仙市神岡地区のスポーツ少年団指導者向けの研修会が12月19日、様々な競技の指導者のみなさんに参加いただき『スポーツにおけるメンタルトレーニング』と『イライラしないためのアンガーマネジメントの基本』の2本立てで行われました。前半は大仙市職員の宇都先生による『メンタルトレーニング(子供への効果的な声がけ)』と題した研修、後半は叱り方についてのちょっとしたアドバイスなどを盛り込んでアンガーマネジメントの基本のお話をしました。

宇都先生のメンタルトレーニングを拝聴し感じましたが、似通っている部分はたくさんあります。特に私自身も子どもたちもスポ少経験者なので子どもとしての考え、立場、そして今は保護者としての立場、考えなど小さなミスマッチや普段の声がけ、トレーニングの重要性が身に染みてわかりましたね。

指導者だけではなく、子どもたち、そして保護者が一体になって同じ方向に向かわないと子どもたちの健全な育成には繋がりません。ぜひ機会があればアンガーマネジメントだけではなく、メンタルトレーニングについても見分を広めてみてください。

【アンケートより】

  • アンガーマネジメントについて、イライラすることや怒ることが多かったので学ぶことができてよかった
  • アンガーマネジメントではピンポイントでの叱り方について考えることができた
  • 自分の感情をコントロールできていないことに気づいた
  • 日々の生活や井戸や考え方をプラス思考にするように努力する
  • 今まで悪い叱り方しかしていなかった
  • 自分はNGワードだらけだった
  • 使っている言葉で普段のNGワードが多かったことに気づいた
  • ついつい自分自身に当てはまることばかりで反省させられた。勉強になりありがとうございました。
  • 普段から自分の子どもたちを怒ってしまっていたあが、今日学んだことを活かしてスポ少の指導や子どもとの接し方に活かしていきたいと思う
  • 練習を行っていて叱ってしまうことがあり、それによって子どもが下を向きネガティブになってしまう場面があったので、子どもたちを叱る際はNGワードを使わないように注意したいと思う
  • 普段から思っているが、叱っても、泣いても、モチベーションが下がっても、子どもたちと指導者の信頼関係が大事。また、厳しい優しさも必要だと思っている。今まで以上にコミュニケーションをとるよう心掛けていくようにする。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 大仙市神岡地区のスポーツ少年団指導者向けの研修会が12月19日、様々な競技の指導者のみなさん...
  2. 12月17日(木)秋田県羽後町教育委員会とNPO法人秋田県南部男女共同参画センターによる『ハ...
  3. 秋田県の受託事業である秋田県プレパパセミナーの第7回目、今回はにかほ市福祉交流センタースマイ...