新着情報

秋田市幹部職員によるイクボス合同宣言と講演会に立ち合いました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月22日の秋田市長によるイクボス宣言を受けて、秋田市幹部職員によるイクボス共同宣言が行われました。

少子化フロントランナーの秋田。イクボス宣言➡︎働き方改革・ワークライフバランスの実現➡︎地域と企業活性化➡︎ハッピーな家庭➡︎出生数増に繋がればいいな。そのためにいろいろ頑張ろうっと

※保育園勤務の僕としてはイクボス宣言⇒パパ・ママが早く帰れる職場環境が整う⇒保育士も早く帰れる。となれば嬉しい!

当日はNPO法人ファザーリング・ジャパン東北 共同代表の工藤氏による記念講演、その後幹部職員による共同宣言となりました。

当日の様子は秋田魁新報の記事にもなりました。

http://www.sakigake.jp/news/article/20170210AK0024/

これも秋田市にとってはスタートしたばかり、まだまだ始まったばかりです。秋田市版働き方改革を進め、少子化対策の一助になれるよう僕も精一杯バックアップしてゆきます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 大仙市神岡地区のスポーツ少年団指導者向けの研修会が12月19日、様々な競技の指導者のみなさん...
  2. 12月17日(木)秋田県羽後町教育委員会とNPO法人秋田県南部男女共同参画センターによる『ハ...
  3. 秋田県の受託事業である秋田県プレパパセミナーの第7回目、今回はにかほ市福祉交流センタースマイ...