新着情報

日本女性会議でのワークライフバランス分科会が新聞で紹介されました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さる10月29日(土)に秋田市で行われた日本女性会議の第4分科会『ワークライフバランス・イクボスのススメ』の内容が11月4日の秋田魁新報に掲載されました。

当日の分科会の内容はもちろん、基調講演をされたNPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事の安藤哲也さんの講演内容についてもあらすじを紹介してくださいました。

20161108-6

この記事を読めば、当日参加できなかった方でもすべてがわかりますね。

イクボスは、イクメンの続きではない、社員・職員のワークライフバランスをすすめ(もちろん自らも実践し)、業務改善、効率化、深い信頼関係を築くことで、企業の業績に大きく反映できるといういわば経営戦略のひとつです。

 

20161108-7

またこれから労働力が少なくなる中で、すでに人材採用に苦労している企業もたくさんあるでしょう。

ところが、イクボスがたくさんいる企業では採用に時間を割くことがなくなります。評判を聞いて黙っていても入社希望の人が集まってきます。そんな事例が全国にたくさん。

 

さ、『イクボス』を実践するかどうかは経営者の意識ひとつですよ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 地元銀行の若手職員(職員組合主催)の勉強会で次期リーダーのためのリーダーシップとして、イクボ...
  2. 本年度秋田県高等学校PTA連合会中央地区の交流会にて『我が子の主権者、成年、SNS時代の家庭...
  3. 8月28日(水)と8月29日(木)いずれも18時より秋田市中央市民サービスセンター「センター...