新着情報

自分で食べていける能力を開発する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

将来『自分で食べていける能力』を身につけること。

これが僕が子どもたちになってほしい理想像です。

関東地方から愛知にかけて花まる学習会という学習塾が展開しています。

その理念にある「子どもたちが本当に幸せになるためには 将来『魅力的な人、そしてメシが食える大人』になることが大切だと考えます」とあります。

20151015-12

僕も全く同じ気持ち。

自分で商売をしているからこそ感じますが、これから人口が減り、消費力は落ち、いろいろなところで競争が激化してゆくだろうと思います。

日本だけではなくグローバルな人材を・・・・と言っても、世界中が同じような状況になってきていると思います。

 

今よりも確実に生きにくい時代になることは間違いないでしょう。

だからこそ、今の子どもたちには『自分で食べていける、生きていける力』を備えてほしい、と思います。子どもたちの能力、才能を最大限に発揮できる環境を作ってあげるのが僕の役割であり、課せられた課題だと思います。

 

そのためには子どもたちとよく会話をし、よく遊び、一緒の時間を過ごし、お互いに理解を深めること、これが大事。

育児は奥さんに任せる、ではなくパパ自らも時間を割いて子どもたちに関わりましょう。

これらを実行すればモテパパになれます。

あなたがモテパパになることが強いては子どもたちの力を伸ばすことにつながると僕は思いますよ。

 

パパにとっての育児とは、次世代人材育成です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 9月15日秋田市文化会館にて行われた第50回日本PTA東北ブロック研究大会の特別分科会にて『...
  2. 秋田市イクボス企業同盟、ファザーリング・ジャパンのイクボス企業同盟にも加盟している秋田銀行...
  3. 大館北秋田地区保育協議会が主催の子育てを語る集いという研修会が毎年開かれているようですが、そ...