新着情報

少子化でピンチの日本を救うのはパパ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはこの数字を見てください。

休日に家事・育児をするパパがいる家庭では第2子以降の出生割合が上がるというデータです。

2009年厚生労働省第7回21世紀成年者縦断調査より。

データがすべてを物語っていますね。

ママ一人で育児・家事すべてをこなすのは非常につらい、しかも赤ちゃんですから目を離すこともできない。だから必ずサポートが必要なんです。

そのサポートをするのは誰でもない、一番近くにいるパパ。

 

少子化対策に効果的な対策の一つがイクメンパパになる!

ということです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 地元銀行の若手職員(職員組合主催)の勉強会で次期リーダーのためのリーダーシップとして、イクボ...
  2. 本年度秋田県高等学校PTA連合会中央地区の交流会にて『我が子の主権者、成年、SNS時代の家庭...
  3. 8月28日(水)と8月29日(木)いずれも18時より秋田市中央市民サービスセンター「センター...