新着情報

少子化でピンチの日本を救うのはパパ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはこの数字を見てください。

休日に家事・育児をするパパがいる家庭では第2子以降の出生割合が上がるというデータです。

2009年厚生労働省第7回21世紀成年者縦断調査より。

データがすべてを物語っていますね。

ママ一人で育児・家事すべてをこなすのは非常につらい、しかも赤ちゃんですから目を離すこともできない。だから必ずサポートが必要なんです。

そのサポートをするのは誰でもない、一番近くにいるパパ。

 

少子化対策に効果的な対策の一つがイクメンパパになる!

ということです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018年2月2日(金)鹿角市教育委員会と共育を考える会による家庭共育講座が開かれ、「イクメ...
  2. 経営者らで組織されているロータリークラブは全国各地にありますが、秋田東ロータリークラブの例会...
  3. 12月18日(月)秋田市役所にて秋田市生活総務課主催の女性活躍セミナーが行われ、合同会社あき...