新着情報

少子化でピンチの日本を救うのはパパ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはこの数字を見てください。

休日に家事・育児をするパパがいる家庭では第2子以降の出生割合が上がるというデータです。

2009年厚生労働省第7回21世紀成年者縦断調査より。

データがすべてを物語っていますね。

ママ一人で育児・家事すべてをこなすのは非常につらい、しかも赤ちゃんですから目を離すこともできない。だから必ずサポートが必要なんです。

そのサポートをするのは誰でもない、一番近くにいるパパ。

 

少子化対策に効果的な対策の一つがイクメンパパになる!

ということです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 9月15日秋田市文化会館にて行われた第50回日本PTA東北ブロック研究大会の特別分科会にて『...
  2. 秋田市イクボス企業同盟、ファザーリング・ジャパンのイクボス企業同盟にも加盟している秋田銀行...
  3. 大館北秋田地区保育協議会が主催の子育てを語る集いという研修会が毎年開かれているようですが、そ...